ねむたいおめめは時々ひらく

ぽやっとすごすには心のあんねいが必要ですね

主婦はどんな保険がいいのか?

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

今は何の保険にも入っていないのだけれど

 

30歳も過ぎたし、子どもも欲しいし

 

だけど自分が働けなくなったら収入がへる

 

でも今後に備えたい

 

う~ん…

 

そんな中でこんな心配が…

 

  • 「保険って高いんでしょ?」
  • 「払い続けられる値段かな?」
  • 「なにに入ればいいの?」

 

家計を圧迫しないで、備えられる保険が理想なので

 

保険について考えてみました

 

 

そもそも保険ってなんで入るの?

お金の心配を減らすため

経済的に困らないため 

  

主婦は保険に入った方がいいの?

入れるなら入った方がいいけど

 

絶対に入らないといけないわけではないです

 

※保険に入る前に

『高額療養費制度』

というのがあるのを知っていますか?

医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1か月(歴月:1日から末日まで)で上限額を超えた場合、その超えた額を支給する「高額療養費制度」(こうがくりょうようひせいど)があります。

www.mhlw.go.jp

つまり年収に応じて医療費の負担が免除される制度です

 

保険会社の保険に入っていないからと言って

 

まったく保険に入っていないわけではないんですね

 

ほとんどのひとは健康保険料を毎月払っていますから

 

※出産について

『一般的には帝王切開は医療保険が適用される』

ただし、条件など保険によってあるので確認が必要です

 

子どもを望む人は考えておきましょう

 

主婦が1番入るべき保険の種類は?

一番家計にダメージを与える保険です

 

自分がどうなったらお金に困りますか?

家族が困りますか?

 

あなたは一家の大黒柱ですか?

 

例えば

 

自分が死んでしまったら

 

収入が途絶えて子どもが生きていくお金がない

 

そういう人は生命保険や収入保障保険を考えた方がいいです

 

自分が大黒柱でない場合

 

高い治療費、長い治療期間が必要ながん保険や医療保険などの家計にダメージを与える保険を考えるのがいいですね

 

あんまり保険にお金をかけられないよ 

共済があります

 

それ以外にも加入する保険の選び方で費用を抑えられます

 

まとめ

家計が破綻するなら入らなくていい

 

何のために保険に入るのか

 

なんで備えるのか

 

これがブレたら

 

無駄に高い保険料を支払うことになります

 

子どもが生まれる、いる人は学資保険などを考える必要もあります

 

家計のことも考えながら保険をえらびましょう

 

 

【スポンサーリンク】