ねむたいおめめは時々ひらく

ぽやっとすごすには心のあんねいが必要ですね

口に入ったらまずい(美味しくない)クレンジングはだいたい安いのである程度の値段は必要だと思う

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

f:id:nemutai-me:20190702123608p:image

変なタイトルですがそのままです。具体的に言うと、

 

 

口の中にクレンジングが入って、いつまでもまずい味が続くクレンジングのことです。

 

 

そう感じたことはありませんか?

 

 

メイク落ちがどうだとか肌にやさしいだとかより、口に入ったらまずいクレンジングは避けたいのである程度の値段をクレンジングにはかけるようにしています。

 

特にまずいと感じたクレンジング

f:id:nemutai-me:20190702132852p:image

安いオイルクレンジング、リキッドクレンジングです。

 

『クレンジングが口に入ったらまずい』と言うとそんなこと考えたことないなんて言われます。そうですよね。食べ物じゃないし。そもそもどんなクレンジングも口に入ったらまずいと思います。

 

 

ただ口に入ってもぐちゅぐちゅっとくちをゆすいだら後味が残るものと残らないものがある。残るのが"まずいクレンジング"

 

 

まずいと感じないクレンジング

クリームクレンジング、ジェルクレンジングです。

 

このへんは安いものでも口をゆすげば味は残りにくいです。

 

【考察】まずいクレンジングとまずいと感じないクレンジング

  1. クレンジングの材質
  2. 値段

このあたりが気になるところです。

 

クレンジングの材質

オイル・リキッドとクリーム・ジェルは何が違うのか。…粘度ですね。液体と固体だから必然的に口に入りやすくなるというのはあります。クリームとジェルがまったく口に入らないというわけでもないんですけど。

 

値段

ぶっちゃけ値段はあると思います。

 

 

粗悪とまでは言わないけど、大量生産できて安価ということはそれなりの質。味にこだわれと言うのも変な話ですが、まずい味が残るクレンジングはどんな成分が入っているんだろう?あんまりよくないのかな…と考えてしまいます。

 

まずいクレンジングは使いたくない 

毎日のように化粧をすると毎日のようにクレンジングをしないといけません。そして毎回口に入ってまずい味が続くクレンジングは不愉快極まりない。まずいクレンジングを持ってた時は使いきれずに捨てたか、必要以上の量を出して早急に使い切りました。肌の摩擦を防ぐにはよかったかもしれない。

 

 

このまずいクレンジングを経験して、クレンジングだけは安いものは避けるようになりました。

まずくない基準は2000円くらいから

じゃあまずくないクレンジングってどれよ?

 

 

値段にして2000円以上は欲しいところ。安いやつは…まずい。特にオイルとリキッド。

 

 

そこまで安いものじゃなかったらまずくない割合が高かった。今まではそんな感じ。化粧の落とし具合とか肌の乾燥とかのことも考えると、安すぎるものは避けた方がいい。脱脂力が強すぎるorメイクが落ちない。安いクレンジングで低刺激とかいてあるものも洗浄力が低すぎたりする。

 

 

代表的な安いオイルクレンジングの主成分としてミネラルオイルがあるけど、脱脂力が強すぎるのでよほどメイクが濃いとかでない限りは避けるのが無難。

 

 

まずい上に肌にもそんなにいいことないなんてたまったもんじゃねぇ。

 

 

クレンジングの脱脂力が強いと乾燥する→新しい保湿化粧品(美容液、クリームとか)を買う→スキンケアの手間もお金も増える

 

 

矛盾!

 

 

クレンジングの洗浄力が弱すぎる→肌に優しいと勘違いする→化粧が落とせてないから肌が荒れる→肌荒れの原因がクレンジングだと思わず、敏感肌用化粧品を買う→お金かかる

 

 

矛盾!

 

 

まずくない基準も肌への負担も2000円~のクレンジングがいいです。というかまずいと肌への負担は比例していると思う。

 

 

1000円~でも製薬会社が作ってるものはまあまあ使える

基本的には1000円~の値段でも、製薬会社が出してる化粧品はそんなにはずれはなかった。ドラッグストアで働いていたこともあって、新商品を試す機会も多くありました。 高いものも安いものも。それでも1000円以下は避けたい。

 

 

製薬会社である以上、美容目的よりも健康目的でスキンケア用品を出しています。肌が健康であるということは結局はきれいな肌。特に製薬会社の低価格帯のスキンケア用品はシンプルな成分で特別効果的な美容成分は入ってないけど、肌に必要最低限の保湿つまり健やかな肌を保つのに適した続けやすい値段でもあります。

 

 

代表的な低価格帯の製薬会社のスキンケア商品

ミノン(第一三共ヘルスケア)

www.daiichisankyo-hc.co.jp

ガスター10、ロキソニンでおなじみの製薬会社。

 

アルージェ(全訳工業)

www.arouge.com

 

ジキニン、リコリス(栄養ドリンク)が有名

 

この二つは高すぎず安すぎずで使い続けやすい値段。

 

 

まとめ 

 

f:id:nemutai-me:20190611205130p:plain

クレンジングがまずいとか思ったことないという方はたぶん口に入らないように上手に使えてるんだと思います。その技術プライスレス!

 

 

口に入るとまずいと感じる人は

  • クリーム、ジェルなどの液だれの心配の少ないクレンジングを使う
  • 安すぎるものは使わない 

が一番いい方法です。 

 

 

クレンジングがまずいから安いのを使わなくなった人は他にもいるのかな?

 

 

どちらにせよクレンジングはスキンケアの一番初め、最初が肝心だから適当に考えない方がいいよっていう話でした。

 

【スポンサーリンク】