ねむたいおめめは時々ひらく

ぽやっとすごすには心のあんねいが必要ですね

登録販売者試験に独学で合格する勉強方法

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

f:id:nemutai-me:20190927181255p:plain

ドラッグストアに11年勤め、登録販売者歴は7年のねむたい目です。

f:id:nemutai-me:20190831141410p:plain

こんにちは!

登録販売者は受験資格に制限もなく、働く場所も多くあるので持っておいて損はありません。特にドラッグストアなんかは人手不足なので資格のある人はより重宝されますよ。

 

 

『登録販売者試験受けようと思うんだけど、どう勉強したらいいかな…』

 

 

と悩んでいる方が試験に合格するために、おすすめの勉強法を紹介します。

『手引き』さえ暗記してれば受かる

出題範囲

試験は、別途通知する「試験問題作成の手引き」から出題するものとする。

「試験問題作成の手引き」については、一般用医薬品の区分の変更等を踏まえ、必要に応じて原則として年1回改訂するものとする。

なお、都道府県知事により試験の施行に関して公告した後に「試験問題作成の手引き」が改訂された場合には、当該改訂部分に関する出題は行わないこととする。

 

登録販売者試験実施要領|厚生労働省より 

そもそもなんですが、試験は厚生労働省の試験問題の作成に関する手引きより出題されます。

 

 

こちら→試験問題の作成に関する手引き

 

 

出題範囲が決まっているので、極論を言えば手引きさえ暗記していたら受かります。

 

 

参考書や通信教育も手引きに沿って作られているので、

  • どの参考書がいいかな?
  • 通信教育でした方が受かりやすい?

と悩むなら、とりあえず厚生労働省のサイトの『試験問題作成に関する手引き』を見てみましょう。

 

合格率とか無視『ちゃんと勉強してれば受かる』

f:id:nemutai-me:20190927182331p:plain

合格率を見て、「えっ?!50%以下?難しいんじゃん…受からないかも…」なんて思っていませんか?

 

 

確かに平成30年度の合格率は全国平均で41.3%となっています。

平成30年度登録販売者試験実施状況

 

 

わたしが住んでる兵庫県では36.2%です。低いですね。

 

 

ですが、上の方で言った通り手引きさえ暗記していれば合格することはできます。試験問題は基本的に手引きの中からしかでません。

 

合格率が低い理由

合格率が低いのは、ちゃんと勉強してこなかった受験者が多いからです。考えられる理由としては、

  1. 受験資格に制限がなくなった
  2. 会社からの指示で受験しているため本人に勉強する気がない

 

主な理由はこの2つです。 

受験資格に制限がなくなった

以前は登録販売者試験を受けるのに実務経験が必要でした。

 

 

ドラッグストアなどで月80時間以上働いて、1年以上勤務している人しか受けられなかったんです。今は誰でも登録販売者試験を受けることができます。

 

 

そこに違いがあるんです。

 

 

ドラッグストアに勤務していると、普段から医薬品が近くにあるし登録販売者とも関わります。会社によっては時間を取って、一般従事者(資格のない人)にも医薬品の勉強会をします。

 

 

知識を得る環境に身を置く必要があったんですね。

 

 

受験資格に制限がなくなり誰でも受験できるようになった今は、一から一人で勉強しなければならず、知識の定着に不安を覚えたまま試験に挑まなければならなくなりました。

 

 

ドラッグストアで普段働いている人なら、

  • イブプロフェン→イブ→痛み止め→鎮痛成分
  • イブプロフェン→銀のベンザブロック→風邪薬→解熱成分

と言う感じで商品をイメージして覚えやすいため、成分の名前が出てきても、「あの商品の成分。あの売り場のところね!」と理解がしやすいです。

 

 

これは合格後、実際に資格者として店頭に立つときにもすごく役に立ちます。

 

会社からの指示で受験しているため本人に勉強する気がない

f:id:nemutai-me:20190927183147p:plain

ドラッグストアは営業時間内でも登録販売者がいないと医薬品の販売ができません。

 

 

たまに営業時間内なのに医薬品売り場に網がかかってたり、閉められていたりしているお店をみたことはありませんか?

 

 

資格者不在の証拠です。

 

 

なので営業時間内のいつでも医薬品を販売するには、登録販売者が必須なのです

 

 

ドラッグストアなのに医薬品が買えないなんて本末転倒。店を問題なく営業させるには必須の資格。

 

 

だからドラッグストアは正社員に必ず試験を受けさせます。拒否権なし。店舗の運営に関わることなので当然っちゃ当然です。

 

 

でも中には自堕落なやつもいまして…

 

 

全然勉強しない人もいるんですよ。『会社の指示だから仕方なく、とりあえず受けるってやつが』受けるっていうよりただ受験会場に行くだけみたいなもんですが。お金もったいない。

 

 

パートの方が受かってる人多いです。会社からの指示じゃなく、自発的に受験するので。

 

 

ドラッグストアの数も多いですから、受験する人数も多くなります。

 

おすすめ勉強法は『手引き』をざっと読んで過去問ガンガン解く

f:id:nemutai-me:20190927183659p:plain

  1. 試験問題作成に関する手引きに目を通す
  2. 過去問解く
  3. わからなかった問題は見直す

 

これだけで十分です。

 

 

ちゃんと手引き、参考書を覚えてから…と思ってるといくら時間があっても足りませんし、知識が身についているのかもわかりません。

 

 

とりあえずでいいので、手引きや参考書にざっと目を通して問題を解きましょう。わからなかったり間違えたら手引きを見直します。

 

おすすめ参考書 

手引きっていっても長いんで、効率よく勉強するためには参考書があった方がいいです。

 

 

わたしはわざわざ厚生労働省のサイトから手引きを全部印刷しました。200ページ以上。

 

 

それを使って受かってるので、参考書を買わなくても勉強はできるんですが、手間・面倒・バラバラになりやすいので参考書買った方がいいです。おすすめは↓

 

図が入っていたり、勉強したことを確認できるちょっとした問題があり、わかりやすく まとめられています。

 

 

なにより販売元のネットパイロティングは、登録販売者の外部研修やeラーニングを主宰しているところです。毎回多くの場所で開催され、登録販売者が参加しています。元がちゃんとしているので安心です。

登録販売者 総合情報ポータル|試験・対策情報や受験生の声!

 

 

過去問は家にパソコン、プリンターがある人なら、全国のどこのでも印刷して問題を解くといいです。

 

 

ただめんどくさいのが答え合わせの際に、間違えた個所を確認する作業。参考書から探すのはできないこともないですが非効率です。時間がかかる。

 

 

過去問の問題集なら、回答に解説がついているので効率よく覚えられますよ。

 

 

基本的に試験はマークシート、正誤問題です。

 

 

正はどの部分があっているのか。

 

 

誤はどの部分が間違っていて本当の答えは何なのかを覚えるというやり方がおすすめです。

 

過去問で何個も合格点以上取ってても受からない理由

  1. 試験問題の言い回しに引っかかってる
  2. 緊張 

 

実際に過去問をしっかりみっちり解いて、どれも合格点だったのに試験に落ちる人はいます。

 

 

一日くらいの寝不足は、カフェイン入りの栄養ドリンクでなんとかしのげます。

 

 

だけど問題の言い回しや緊張は落ち着いていないと対応できません。

 

 

試験時間は前半後半で2時間ずつ、各60問あります。

 

 

2時間で60問だと結構時間が余るんですね。

 

 

なので時間配分を考えた上で、ゆっくり問題を解いてもいいんです。家で過去問を解くときに、時間を計りながらするとだいたいの時間配分はわかりますから。

 

 

そして問題を解くときに成分と効能の部分だけを見て、文末を見ずに「これは合ってる」と答えを出すのにも気をつけましょう。

 

 

例)イブプロフェンは解熱鎮痛成分ではない。

 

 

これはなんですが、どこが誤かわかるでしょうか?

 

 

イブプロフェンは解熱鎮痛成分ではない。の赤字の部分です。

 

 

イブプロフェン=解熱鎮痛成分は覚えていても、文末をちゃんと見てなかったらあなたの回答は×になります。

 

 

こういう部分で点数を落とすのが原因で、合格できない人も多数いるんですね。

 

 

試験と聞いたら緊張して焦ってしまいますが、幸い登録販売者試験はマークシート方式。大学受験のような解答に至る工程を書かないといけない筆記試験じゃないですから、深呼吸しながら問題解いても時間はあります。

 

 

前日に一夜漬けしたって意味ないですから、日ごろから少しづつ勉強して試験に臨みましょう。

 

 

【スポンサーリンク】