ねむたいおめめは時々ひらく

ぽやっとすごすには心のあんねいが必要ですね

ミネラルファンデのカバー力をUPする方法

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

f:id:nemutai-me:20191014132919p:plain

ミネラルファンデーションはカバー力が弱いとよく言われます。

 

 

実際、マキアージュ・プリマヴィスタ・shu uemuraのファンデーションと使い比べてみると確かにカバー力は劣るなと感じました。

 

 

それでもわたしはミネラルファンデーションを使いたい。

 

 

そこでカバー力UPの方法はないかと考えたところ、3つの結論にたどり着きました。

  1. 下地を使う
  2. ファンデーションブラシを替える
  3. メイクしたてで完璧なカバー力を目指さない

 

詳しくみていきましょう。

カバー力UPその①下地を使う

ミネラルファンデーションは下地なしでも使えます…が、やっぱり下地である程度カバーした上でファンデーションをのせると仕上がりが違いますね。

 

 

それに、下地に色がついてなくても、下地を使うことで化粧持ちがよくなります。

 

 

パウダーファンデーションだけでカバーしようとすればするほど、厚塗りになり・粉っぽくなり・崩れやすくなる

 

 

カバー力が欲しい!となれば、下地を使うのが一番の近道です。

カバー力UPその②ファンデーションブラシを替える

ミネラルファンデーションはトライアルキットにブラシが付いているものが多いですが、あのブラシだとフワッとした仕上がりになります。

 

 

ファンデーションブラシを肌にピタッと密着するものに替えると、断然カバー力が上がりました。

エトヴォス2種類のブラシの違い

ブラシでカバー力が変わると感じたきっかけは、エトヴォスの2種類のブラシを使ったからです。

 

 

【1つ目】フェイスカブキブラシ

f:id:nemutai-me:20191014121010p:plain

これはエトヴォススターターキットに入っていたブラシです。単品だと税込2200円ですが、スターターキットで入手すると税込1980円で買えます。

 

 

肌辺りも優しくフワッとファンデーションをつけられます。

 

 

【2つ目】フラットトップブラシ

f:id:nemutai-me:20191014123230p:plain

ツヤ肌を作る、タイムレスシマ―ミネラルファンデーションが発売したときに同時に買いました。こちら税込2200円で、単品で購入するしか入手できません。

 

 

肌辺りはフェイスカブキブラシの方が優しい感じがします。

 

 

ですが、毛先がフラット=平らなのでファンデーションがフェイスカブキブラシよりも肌にしっかり密着します。

 

 

【2つのブラシの毛先の違い】

f:id:nemutai-me:20191014124106p:plain

 

f:id:nemutai-me:20191014124307p:plain

 

f:id:nemutai-me:20191014124226p:plain

 

ブラシの毛先が肌の表面にしっかり密着していると、同じようにくるくるしながらファンデーションをつけても、付く面積・密着感は変わってきます。

 

 

それに、フェイスカブキブラシでしっかりつけようと力を入れて肌をくるくるしても、

  • 毛先が肌に当たらなくなる(=無意味)
  • 肌に負担になる(=肌に優しくない)

ので、カバー力を求めるなら力を入れるんではなく、ファンデーションを塗る道具を変えた方がなりたい仕上がりに近づきます。

 

 

1つ目で紹介したフェイスカブキブラシは、単品で買うと税込み2200円ですが、スターターキットを購入すると、

  1. マットスムースミネラルファンデーション※約2週間分

  2. ナイトミネラルファンデーション(パウダー下地)※約2週間分

  3. フェイスカブキブラシ(メイクブラシ)

  4. クリアソープバー(洗顔)

  5. モイスチライジングローション(化粧水)

  6. モイスチャライジングセラム(美容液)

  7. モイストバリアクリーム(保護クリーム)

  8. ヘアケア(シャンプー/トリートメント)1回分

がついて税込1980円で購入できます。

ブラシでの仕上がりに共通していること

毛穴のカバーはブラシが一番きれいにできる!

 

 

わたしがブラシでファンデーションを初めてつけたきっかけは、24hコスメのファンデーションにブラシ付きのセットがあり、それを購入したことです。

 

 

それまではパフでファンデーションを塗っていました。

 

 

鼻の毛穴が気になるので、パフで重ねて塗ってたんですが、重ねれば重ねるほど汚くなる…

 

 

だから初めてブラシを使ったときは感動しました!

 

 

ファンデも少ししかつけていないし、ブラシでくるくるしただけなのに。今までの苦労は何だったのかと思うほどです。

 

 

他のケミカルファンデ(※ミネラルファンデ以外)でも試しましたが、やっぱりブラシが一番毛穴がカバーできました。

 

 

それ以降パフでファンデーションを塗るのをやめました。

  • 厚ぼったくならない
  • 薄くつけてもカバーできる

 

毛穴は皮脂が出るところですから、厚塗りすれば崩れやすくなり、崩れれば悲惨なことになります。

 

 

毛穴が気になる人ほどブラシでファンデーションを塗るのをおすすめします。

カバー力UPその③メイクしたてで完璧なカバー力を目指さない

f:id:nemutai-me:20191014133050p:plain

どんなに作り込んでも、メイクは時間が経つにつれて皮脂や乾燥から崩れやすくなります。それはミネラルコスメでもケミカルコスメでも同じです。※ケミカルコスメ=ミネラルコスメ以外

 

 

朝のメイク時間にしっかりカバー!なんでも隠す!とばかりに化粧してたら、お昼に化粧直し・夕方に化粧直しと直してばっかりで、結局作り込んだ肌をキープすることはできていません。

 

 

ちょっと物足りないかな?くらいでやめておいてみてください。少し時間が経つと皮脂となじんでそっちの方が適度なツヤで肌がきれいに見えますから。鉄壁のベースメイクは維持も大変で崩れたら一気にババアになります。

 

 

普段どんな感じで化粧してますか?鏡に映ったドアップの顔しか見てなくないですか?

 

 

近くで自分の顔を見ると、粗ばっかり探して隠そう隠そうとしがちです

  • 『毛穴が目立つなぁ』ぬりぬり
  • 『クマが…』ぬりぬり
  • 『なんとなくもうちょっと塗っておこう』ぬりぬり

これ、メイクしたてでも微妙なときあります。塗っても塗っても満足しなくて、まあいっかで出かける。

 

 

ファンデーションを塗るときは、利き手じゃない方に鏡を持って、鏡から顔を離してファンデーションを塗った方がいいです。

 

 

そんなまじまじと至近距離で顔を見る人なんていません。

 

 

すると今まで粗ばっか探してたメイクですが、意外とそんなに粗が目立たないことに気づきます。それなりに整ってる。

 

 

特にチークなんかもそうで、チークも鏡から離れてつけた方がおてもやん・オカメインコになりません。

 

 

もう一度言いますが、みんなそんなに他人の顔を見ません。見るとしたら化粧よりも表情です。

www.nemutai-me.com

やりすぎない方が心の力も抜けて、より美人に見えますよ。 

【スポンサーリンク】