ねむたいおめめは時々ひらく

ぽやっとすごすには心のあんねいが必要ですね

2.5次元ミュージカルは気持ち悪い…と最初は思ってたけど、実際見に行くとそうでもなかった

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

f:id:nemutai-me:20191111105339p:plain

2.5次元ミュージカルは気持ち悪い?

 

 

わたしも最初はそう思っていました。でも実際見に行ったらそうでもなかったです。そんな毛嫌いするほどのもんじゃなかった。ていうか面白かった。

 

 

座席が舞台から遠いと俳優さんがどんな顔でどんな格好でとかよく見えません。

 

 

気持ち悪いと言われるビジュアルだって、舞台を観客に見せるためなので気持ち悪いと言われるくらいがちょうどいいんです。

 

 

2.5次元ミュージカルはおもしろいです。掘り出し物の俳優さん見つけたらなお嬉しい!

2.5次元ミュージカルを気持ち悪いと感じる理由はドアップビジュアル

静止画のビジュアルのみを見ると気持ち悪いと感じるのも仕方ないです…わたしも最初はそう思っていたので。

 

 

原作のアニメが好きだから2.5次元ミュージカルを見に行ったけど、開演前に記念に買ったパンフレットを見て『えっ…なんか気持ち悪いな…』と。

 

 

原作が好きな分ショックでした。『こんな化粧とかウィッグとかせんでええやん。もっと自然なかんじでもいいのに』とか。

 

 

パンフレットは顔がはっきり映っています。あんなメイクやヘアスタイル誰も普段しないので気持ち悪いと感じてしまいますよね。

  • 髪が紫や青
  • 髪に合わせて眉毛も紫や青
  • カラコン
  • アイラインが長めでくっきり
  • 髪型があり得ない形に固められているウィッグ

この違和感が一番気持ち悪さを感じるところではないでしょうか?

特に気持ち悪さを感じるのはありえない髪型と男性の濃い化粧だと思う

f:id:nemutai-me:20191111110122p:plain

普段から見慣れていないというのが、一番気持ち悪さを感じてしまう原因だと思います。

 

 

髪型がね、まずガッチガチに固められています。ありえない色、ありえない髪型。そして女性以上に濃いアイメイク。

 

 

こんなん普段見ないじゃないですか。

 

 

なんでもそうなんですが、慣れていないことって違和感を感じてしまいます。なので、黒髪の髪型ガッチガチじゃないキャラだとマシに見えるんです。

 

 

もし、『刀剣乱舞』のような刀を主体にした作品、つまりちょっと時代劇テイストな作品を、本当に時代劇のようにしたらどうでしょうか?

 

 

髪型もちょんまげや短髪で黒髪。メイクもカラコンなしで時代劇と同じメイクだったら気持ち悪いとは感じず、2.5次元という冠をはずして1つの作品として見やすくなるのではないでしょうか。

ミュージカル『刀剣乱舞』公式ホームページ

2.5次元ミュージカルは面白い

f:id:nemutai-me:20190917212359p:plain

ビジュアルに気持ち悪さを感じるのは仕方ないこととして、作品自体は面白いです。また違う作品も見に行きたいです!面白かった!

 

 

わたしは2.5次元ミュージカルを見に行きましたし、パンフレットを見て『ちょっと気持ち悪いな…』と感じたタイプ。

 

 

でも2.5次元ミュージカルは舞台上でリアルタイムでやるので、あれくらい派手でありえない格好じゃないと、どれがどのキャラかわからないんですよ。

 

 

大阪の森ノ宮ピロティホールで見たんですが、その時の座席は観客席の真ん中より少し後ろあたり。俳優の顔なんてはっきりとは見えません。

 

 

でもビジュアルが派手なおかげでどのキャラが何をしているとか、どこを見ているとかがわかるので、席が舞台から遠くても置いてけぼりにはなりませんでした。

 

 

ビジュアルが気持ち悪く感じてしまうけど、それは見に来た人のためであると思います。

見てみたいけどなぁ…と行きたい気持ちがある人へ

チケットを一般発売で買うことをおすすめします。座席が後ろの方になりやすいので。

 

 

最前列は最速先行とかで、熱狂的なファンが購入しているので一般発売で最前列ということはほとんどありません。後ろの方ならビジュアルが気持ち悪いとか関係なく、1つの作品として楽しめます。

 

 

何事も体験してみないとわかりません。意外とハマるかもしれませんよ。

2.5次元ミュージカルを見に行く人は作品が好きな人、俳優が好きな人などさまざま

f:id:nemutai-me:20191111110645p:plain

どんな人が2.5次元ミュージカルを見に行くのか。それは、

  • 作品が好きな人
  • 作品のキャラが好きな人
  • 俳優が好きな人
  • なんとなく興味がある人
  • たまたま誘われた人
  • ミュージカル自体が好きな人
  • 舞台を見るのが好きな人

など、それぞれです。

 

 

わたしは2.5次元ミュージカルは原作が好きで見に行きましたが、アーティストのライブなどは『特別ファンじゃないけど、なんとなく興味がある』から行くこともあります。実際行ったら好きになるんですけどね。

 

 

2.5次元ミュージカルのグッズ販売には、俳優さんがキャラクターの格好をしたブロマイドが売っています。これを欲しいという人もいれば、原作のアニメキャラのブロマイドしかいらないという人もいます。

 

 

熱狂的なオタもいれば、グッズなど買わずに舞台をさらっと楽しむ人もいます。

 

 

みんながみんな熱狂的ではないので、初めて行っても浮いたり引いたりしません。

出演している俳優さんの素はやっぱりかっこよかったりする

作品のビジュアルだけ見ると、気持ち悪い…と思うかもしれませんが、キャスト欄を見ると 俳優さんの宣材写真が載ってたりします。

 

 

やっぱかっこいい人多いですね。さすが俳優さん。2.5次元ミュージカルは気持ち悪い…と思うだけはもったいないです!イケメン多いので。好みは絶対いますよ!

 

一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会|JAPAN 2.5-DIMENSIONAL MUSICAL ASSOCIATION

2.5次元ミュージカルに出てた有名な俳優

  • 横浜流星|舞台『CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜 A live Moment』
  • 窪田正孝&中村倫也|舞台『薄桜鬼 新撰組炎舞録』
  • 小関裕太|金色のコルダ ステラ・ミュージカル
  • 志尊淳、斎藤工、城田優|ミュージカル『テニスの王子様』シリーズ

横浜流星や中村倫也も!かつて2.5次元舞台に出演した有名俳優7人【薄桜鬼、テニミュetc.】|numanより

今やテレビでよく見る俳優さんも、2.5次元ミュージカルに出ていたんです。2.5次元ミュージカルなんて…なんて思うのはもったいないですね。

 

 

生で見れる機会は有名になってしまう前にたくさんあるんですね。

まとめ 

f:id:nemutai-me:20191028123927p:plain

 2.5次元ミュージカルは気持ち悪い…と思ってしまうのは、普段見慣れないビジュアルを静止画だけで見るからです。

 

 

舞台、ミュージカルとして演技して動く様をみると印象は全く変わります。

 

 

2.5次元とは言ってもエンターテイメントの楽しみ方のひとつなので、『気持ち悪い』で済ますのはもったいない。

 

 

気軽に行ってみても全然楽しめますよ。

 

【スポンサーリンク】