ねむたいおめめは時々ひらく

ぽやっとすごすには心のあんねいが必要ですね

顔がテカるんだけどスキンケアのおすすめ教えて欲しい…おすすめ?テカる部分には何もしないことだよ

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

f:id:nemutai-me:20191107153916p:plain

Tゾーンってすぐテカりますよね。ふと鏡を見たときとか「あぁ…」ってなってしまいます。

 

 

『なんでこんなにテカるんだろう?スキンケアだってちゃんとしているのに…』

 

 

そう思ったことはありませんか?

 

 

テカらないようにするにはどうしたらいいのか調べると、必ず出てくるのが『保湿ができていない』という話。

 

 

それを聞くと、

  • 今までしてきたスキンケアが間違ってるんだ
  • じゃあ化粧水をもっとたっぷりつけなきゃ!
  • いい保湿美容液を買おうかな
  • パックもしよう
  • 化粧水や美容液がちゃんと入るように、クレンジングや洗顔をしっかりしよう
  • 高保湿化粧品の方がいいよね

と考えてしまいます。

 

 

わたしはそう思って全部試してみました。

 

 

結果、テカります。

 

 

わたしはTゾーンがよくテカるけど、頬・目もと口もとは乾燥する混合肌。テカりもどうにかしたいし乾燥もどうにかしたかった。

 

 

どうしたらいいかと調べたら、テカる原因も乾燥だといいます。だったらテカる部分も乾燥する部分も原因が同じ乾燥なら、しっかり保湿したらいいんだ!と保湿の鬼かというくらいスキンケアしていました。

 

 

結果、乾燥が進行して敏感肌気味になりました。そしてテカリは変わらず。

 

 

こんなん聞くと「え?じゃあどうしたらいいの?打つ手ないじゃん」って思いますよね。

 

 

そう、打つ手なし。何もしなくてよかったんです。

テカリにおすすめスキンケアは『なにもしない』こと

f:id:nemutai-me:20191107152034p:plain

テカる部分には何もつけません。

 

 

まず疑って欲しいのが、『ちゃんとスキンケアしてるのに何でテカるんだろう?』の『ちゃんとスキンケアしてる』という部分。

 

 

やってダメなのになぜまだやるのか。押してダメなら引いてみろです。乾燥する部分にだけクリームとかつけたらいい。

 

『なにもしない』は何もしないで様子を見て、自分に合うスキンケアを見つける方法でもあります。肌質はみんな違うのに、同じようにケアするって変ですよね。

 

 

化粧水が必要な肌質もあれば必要ない肌質もあります。

そもそも「保湿」とは?

 

肌には本来保湿成分をつくり、
角質層内に水分を蓄えておく力が備わっています。
それは3つの要素で成り立っています。
①「天然保湿因子(NMF)」②「細胞間脂質」③「皮脂膜」です。
この3つの要素はそれぞれ角質層の中での役割が異なるため、
どれも欠かすことが出来ません。

 

角質細胞内にある「天然保湿因子(NMF)」。
その約半分はアミノ酸で出来ています。天然保湿因子は、
角質層の中で水分を含み、保持する役割があり、
アミノ酸は肌の"うるおいの素"になる大切な成分です。

 

角質細胞同士をつなぐのが「細胞間脂質」です。
細胞間脂質にはセラミドやコレステロール、
遊離脂肪酸といった成分が含まれています。
この細胞間脂質は肌の中の水分を留める役割があり、
天然保湿因子を安定させるためにも必要な成分です。

 

最後に、皮脂膜です。肌の表面の膜となり、水分の蒸散を防ぎます。

 

肌には、もともと存在している保湿成分があります。この保湿成分が充分にある状態が理想的なバリア機能を保っている状態なのですが、それを不足していないように補ってあげること、それが保湿です。

 

スキンケア=保湿の基本的な考え方は不足を補うこと。足りてるのに足す必要はないんです。 

 

 

わたしはTゾーンだけ何も塗らないようにしてから、テカリがましになりました。

 

 

何も塗らないからって乾燥してか皮がむけることもありません。自前の油分で適度に潤ってます。

 

 

何もしないに気づいたきっかけ↓↓↓

www.nemutai-me.com

www.nemutai-me.com

何もしないをしてみてもテカったらどうしたらいい?

まずは数日様子を見てください。

 

 

それでもテカったら、そこで初めて化粧水だけをつけてみるとか、クリームだけをつけてみるとかをするといいです。新しい化粧品は買わずに、自分に必要なものだけを見極めましょう。

 

 

あえてなにかおすすめのスキンケア商品をあげるとすればオルビスです>>

オイルフリーなので、皮脂が多くテカりやすい肌に向いています。

  • 100%オイルカットで油分不使用
  • 化粧水の使用量はティースプーン半分でいい

化粧水も大量につけたら余計に乾燥するのでこのくらいでちょうどいいんです。

唯一気を付けるのは洗顔料

f:id:nemutai-me:20191106121551p:plain

しっかりスキンケアして皮脂の出ない肌にするぞ!と化粧品を必要以上に使ったって無意味です。

 

 

化粧品には油分が入っていますよね。もともと皮脂が出やすい肌なのに、わざわざ油分を足さなくてもいいんです。

 

 

自前の油分があるのに、それを悪だとごっそり落としておいて、化粧品で油分を足すのはおかしな話じゃないですか?必要以上に油分を取らなければいいんです。

 

 

だから大事なのは落とすケア。

 

 

必要な油分まで取りすぎなければ過剰に皮脂が出ることもないし、必要以上に油分を与える必要もありません。つまりスキンケアも最低限で済むんです。

おすすめはアミノ酸系

洗浄力が低いので皮脂を取りすぎません。特に混合肌におすすめです。

詳しくはこちら(アミノ酸系の注意事項もあります)↓↓↓

www.nemutai-me.com

 

テカりやすい部分の皮脂は適度に残るし、乾燥しやすい頬・目もと口もとのなけなしの皮脂をごっそり取ることもない。

 

 

スッキリ!さっぱり!感はないけど、顔を洗った直後にスッキリ!さっぱり!となると、お風呂上りには必ずつっぱって乾燥します。

足すケアなんぞ後回し!優しく落とすケアを最優先に! 

f:id:nemutai-me:20191002154457p:plain

基礎化粧品を高価なものにするとかたっぷりつけるとか、足すスキンケアばかり気にしてもよくありません。

 

 

極端なことを言えば、スキンケアを何もしなくても乾燥しないならしなくていいんです。みんなスキンケアは絶対やらなくちゃいけないと思い込みすぎてる。肌荒れしてもスキンケアに頼ろうとし過ぎなんです。↓

www.nemutai-me.com

 

足すケアばかりに目が行くと、お金がかかる割に、テカリの悩みが解消するどころかますます肌悩みが増えます。さらにはお金の悩みも。

 

 

皮脂を落としすぎない洗顔を心がけた方が、テカリには効果的でお財布にも優しい。

 

 

スキンケアは落とすケアから始まっているので、肌悩みがあるなら洗顔料から見直しましょう。 

【スポンサーリンク】