ねむたいおめめは時々ひらく

ぽやっとすごすには心のあんねいが必要ですね

【フェイスパウダー】トゥベールのシルクパウダーが使い勝手良すぎる

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

f:id:nemutai-me:20191030094121p:plain

トゥベールのシルクパウダーはミネラルファンデの下地に使ったり、ベースメイクの仕上がりに使ったりできます。

…とここまでは何ら他のフェイスパウダーと変わらないんですが、他と違うところは

  • 値段
  • シルク100%

というところなんです!量や値段を気にせず使えるのに、シルク100%と粉自体が美容成分豊富なアミノ酸を含んでいるので本当に使い勝手がいい。

トゥベールのシルクパウダーは、

  • フェイスパウダーはお手頃価格で量も多い方がいい
  • スキンケアもできたらなおいい

と思っている方におすすめのフェイスパウダーです。

トゥベールのシルクパウダーってどんなの?

f:id:nemutai-me:20191030094121p:plain

f:id:nemutai-me:20191030094141p:plain

色は付かないです。

  • 肌をさらさらにする
  • メイクの崩れ防止に使う
  • ベースメイクの仕上がりをきれいに見せる

使い方としてはこんな感じです。

【シルクアミノ酸の美容成分について】

人間の皮膚の角質の奥には「天然保湿因子」というお肌のうるおいを保つ成分の集合体が存在しているのですが、シルク(絹)はこれらに限りなく近く、親和性の高さもバツグン。

着ているだけでお肌にうるおいを与えてくれるシルク(絹)ですが、シルク(絹)の成分が含まれた「シルクアミノ酸」が配合された基礎化粧品などを使うと、天然成分ならではの優しいうるおいを実感できます。

また、シルク(絹)には皮膚の角質層を整える効果があることも認められています。角質層、つまりお肌の表皮が健康な状態に保たれることにより乾燥や過剰な皮脂の分泌が原因のテカリを抑えてくれる効果もあるのです。

シルクの進化と可能性~スキンケアへの開発~ うるおい効果|Mayuiより

【おすすめポイント①】値段の割に量が多い

f:id:nemutai-me:20191112115909p:plain

容器いっぱい入っています。高さは蛍光ペンのキャップほど。

値段は税込2460円で、量は30g入っててパフ付きです。(2019年11月12日現在)

よく見るフェイスパウダーは10g前後ですからね、多いです。なかなか減らない。

【おすすめポイント②】いろいろ使える

f:id:nemutai-me:20191112120044p:plain

「仕上げや薄化粧として」
粒子が細かく肌に密着するため、ファンデーションの仕上げの粉として、MMU(ミネラルメイク)の下地としてもお使いいただけます。透明感のある自然な仕上がりに。また、在宅時の肌に負担を与えない薄化粧としても最適です。
(透明タイプのため、カバー力はありません

「スキンケアパウダーとして」
余分な皮脂を吸い取るため、皮脂のコントロールに優れています。18種類のアミノ酸を含んでいるため、シルクを分解して作るシルクアミノ酸は数多くのスキンケア化粧品の美容成分として採用されている実力があります。

シルクパウダー製品のポイント|トゥベール

また、胸元などの皮脂が出やすくべたつきやすいところに使うのもいいですね、その時は顔と体とパフを分けて使った方が衛生的にもいいです。

パフで顔につけたら余分な粉はブラシで払った方が、テカりにくくなって化粧の持ちが良くなります。

わたしはTゾーンの皮脂が多いから『テカらないように』とめっちゃ付けたら皮脂を吸い過ぎてギトギトになりました。量を調節したらギトギトになった鼻もツヤと言えるまでに改善。

【注意点】美容成分豊富でもつけすぎには気を付ける

美容成分豊富と言えどパウダー=粉なので、つけすぎると乾燥します。

ミネラルファンデの下地として使ったとき、『さらさらにしないとさらさらにしないと』と調子に乗ってつけすぎたらほうれい線が目立ってしまった…

まとめ

f:id:nemutai-me:20191028123927p:plain

トゥベールのシルクパウダーは、上手に使うことで肌にはとっても強い味方に。

付け過ぎにさえ注意すれば、皮脂を抑えてくれたり乾燥を防いでくれたりときれいな肌を保ってくれます。

 

【スポンサーリンク】