ねむたいおめめは時々ひらく

ぽやっとすごすには心のあんねいが必要ですね

【積読】今日買った本には消費期限がある。それは『今』の自分に必要な情報が詰まっているから

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

f:id:nemutai-me:20190524171820p:plain

本に興味があります。

どんな本かというと、その時の自分が一番興味のあることに関する本です。

美容のことならスキンケアやメイクに関する本、悩みがあるときはその悩みに関する本という感じです。

そして本にはまり、本屋に行っては新しい本を2冊買い、それを持ち帰っては『積読』(読みもしないのに本を積み上げるように増やすこと)しています…読みかけの本も…

いや、読んではいるんだけど購入サイクルに間に合わないんです…

つまり買いすぎです。

本のタイトルを見ると「おもしろそうだな」、ちょっと立ち読みしては「これはおもしろい!」と買っちゃうんです。

でも本にも消費期限のようなものがあります。

簡単に言うと、

『もっと早く読んでおけばよかったー!』

となるからです。

本には気づきがいっぱい

「なるほど!」

本を読んでいてこう思ったことは多々あります。

本には体験談や専門家の根拠に基づいた話があって、そこから導き出されたその人の答えをわたしたちに教えてくれます。

そういうものがあるから失敗を減らせたり、やってみようと思えたり、こんな考え方もあったのかと自分では考えもつかないことを示してくれるので、自分の考え方に少し柔軟性がでます。

全く知らないことを知ることができるのももちろんのことですが、もっと大きな気づきとしては『知っているつもりで知らなかったこと』を知ることです。

情報ってどこから入りますか?ネット?風の噂?

なんとなく見聞きした情報をちゃんと説明できたらもう自分のものですよね。

『え?!これってそういう意味だったんだ』と思うと同時に『変に言いふらさなくてよかった』なんてなったこともあります。

本に消費期限がある理由『どうして今日、その本を買ったの?』

『読みたいな、読んでみよっかな』と思わないと本は買わないです。食べ物でも服でもそうですね。

タイトルが気になったから、ベストセラーらしいから、知り合いに勧められたから、仕事の役に立ちそうだから。

いろんな理由があると思います。

この本を買った動機のためにも買った日に読み始めた方がいいです。

本には消費期限があるからで、正確に言うと

その本を読みたいと思った気持ちが持続する時間=本の消費期限です。

買って結局読まない本があるのはそのせいです。その本を読めば得られる気づきが得られないのは大きな機会損失ですよね。

そういえばあの本読んでなかったなと思いだして読んだときに得られた気づきに対しては『もっと早く、買ったときに読んでおけばよかったー』となります。

気持ちは変わりやすいので、いろんなことに興味がわくのも当然です。だからこそ『鉄は熱いうちに打て!』なんです。

自分の気持ちの面以外でも、ただ単に情報が古くなる場合もあるので買ったらすぐ読んだ方がいいです。

わたしは27歳くらいから本を読みだしました。新車を買ったので自分の給料に対してのお金の不安があったからです。

貯められるかな、上手くやりくりできるかなと。

そこでお金に関する本を読み始めました。最初に買った本は『働く君に教えたいお金の教養』です。

お金の勉強なんてしたことなかったですから、目から鱗ばかりでした。

これを読んでなかったらお金に対する考え方は曖昧なままで、月々の新車代を払いながら手取り13万で貯金できていなかったかもしれません。

この本を買った日に読み始めていなかったら、積読させたままだったかもしれないと思うとゾッとします。

『読みたい』と思った気持ちがあるうちに読んでおけば、本から吸収できる量やそこからの行動が早いと思います。

積読してしまう人は外出先にも本を持っていこう

外出先での暇な時間って意外とありませんか?

暇な時間はないけど隙間時間ならとか、カフェでゆっくりしたい時間とか。

そういう手持ちぶさたな時に本があると読もっかなとなりやすいです。時間つぶしにちょうどいいですし、本をかばんに入れていたら本屋にもちょっと入りづらくなるので新しい本の積読回避ができます。

そんな隙間時間で本なんか集中して読めない!と思うかもしれませんが隙間時間の方が案外集中できるんです。

メンタリストDaiGoさんの超集中力にはこんなことが書いてあります。

集中力は自由な時よりも制限のある状態のほうが高まっていくのです。

時間を区切る、たとえば「定時に帰る」というようなデッドラインが定まると、そこまでに最低限片付けなければならない仕事量と処理にかかる時間を意識し、発想が変わります。つまり、取り組む仕事が決まり、使える時間が定まると、選択肢が絞られます。

その結果、ウィルパワーの浪費が減り、集中力が増すというカラクリです。

※ウィルパワーとは思考や感情をコントロールする力


メンタリストDaiGo『超集中力』より

なので最近は外出するときは本を持っていきます。ちょとずつでも読みすすめていけるし、家に帰っても続きを読もうと思えるからです。

わたしは今家にある本で、読んでいない本がなくなるまでは新しい本は我慢します!読んでいない限り、本屋に行っても結局同ジャンルの本買っちゃうので!

【スポンサーリンク】