ねむたいおめめは時々ひらく

ぽやっとすごすには心のあんねいが必要ですね

一念発起!食費の節約は3つの項目で戦略的に行う

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

先月はお金を使い過ぎました。

特に食費!

一番財布のひもが緩みやすいところですよね…( ;∀;)

無計画だったのと、お金への意識の低下に反省するばかりです…

でも!

反省しているということを証明するには結果を出さないといけません!

お金って数字で見れるからはっきり結果がわかっていいですよね。

だから今月は予算を守って、あわよくば予算よりもお金を残したいです!

そのためには戦略が必要…

無計画でお金を使い過ぎてしまったのなら、計画を立てることで回避できるはず。

その計画を考えました!

f:id:nemutai-me:20190519125619p:plain

食費の節約に大事なこと①マインド

『足るを知る』

です!

足るを知るとはないものに注目するのではなく、足りているものすでにあるものに注目するという意味です。

たしかに…

本当は冷蔵庫にある食材で晩ごはんが作れるのに、ふらっと買い物に行ってこれも買っておこうってなっちゃうんですよね(-_-;)

食費の節約はご飯を質素にするんじゃなくて、あるものでどうにかできないかを考えるマインドが必要

食費の節約に大事なこと②ご褒美

節約も無意識にできるようになるには訓練が必要だと思うんです。

ある程度貯めて使うときはどんっと使うというような、メリハリつけて買うっていうタイプじゃないので…そうなりたいんですけどこれも訓練せねば!

自分のお小遣いを増やせる

節約できたら何を買おう?って考えると楽しいですよね。

新しい服が欲しくても1着買ったら安くても2、3000円飛んでいきますもん。

でも、もともとの自分のお小遣いに節約したお金をプラスしたら1着くらいなら買えそうじゃないですか?

もしくは節約分を貯めて、セールの時に思いっきり買う!

節約をがんばった自分にご褒美あげてもいいと思います。節約だってお金の使い方を考えて、労力も使ってできることなんです。

誘惑に打ち勝って、疲れていてもキッチンに立ち続けて、家族のために動いているんですから。

予定外の出費に備えられる心

予定外の出費があります。

自分ではコントロールできないような。

旦那の「明日食事会があるからお金いる」とかの。

わたしは一応『予備費』を毎月1万円、月の予算として取っているんですが、なんやかんやで結局予備費も使っています。

病院代や食事会の費用、義実家へ伺う際のお土産代とかです。

それが重なったら1万円じゃ足りないんですよね( ;∀;)

そんなときに、節約した分のお金があれば『月の予算を守りたい』という気持ちへのダメージが少なくなります。

急な出費ってけっこう心をえぐられるので、それの盾として予算を節約してできたお金があるとないとでは全然違います。

食費の節約に大事なこと③計画

食費節約の戦略は献立にあり!

です。

これが無計画の一番の原因です。

以前フルタイムで働いていた時は、時間の節約のために献立を考えてから買い物に行っていました。料理の腕もなかったのもあるんですが。

そうすると買い物も早く終わるし、無駄買いも減らせます。

それが主婦歴も日々積み重ねていくと、だいたいでもなんとかなるという風になってしまって…

その結果無計画に散財してしまいました。

初心に帰って、献立を考えてから買い物に行くことにします。

うちは、旦那が少食なので品数も量もあまりいらないタイプです。

作ってもおかずが残ることもあります。

旦那が食べる分は、1パックのお肉を2つ分に分けて使えばよかったんです。

それに気付いたのはつい最近。

もっと早く気づいていたら食費の節約も上手にできてたかもしれないなー。

わたしはいっぱい食べたい派なのでどうしても多く作ってしまっていました。

でもダイエット中なので旦那とは別のものを食べるときも増えました。

旦那の食べるお肉は1パックで2回分、わたしの食べるのは鶏むねや野菜メイン。

ちょっと手間はかかるけど節約しやすいんじゃないかと考えています。

献立を考えるのも、家族の食事の傾向も踏まえて食材を買うのも、食費節約戦略の大きな柱となりそうです。

【スポンサーリンク】