ねむたいおめめは時々ひらく

ぽやっとすごすには心のあんねいが必要ですね

顔が変わっている?!30代からの服選びは必ず試着すること!いつもと同じような服が似合わないのは20代のころと顔が変わっているから

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

f:id:nemutai-me:20190519132155p:plain

「服がなかなか決められない…」

せっかく新しい服を買いに出かけたのに結局買わなかったことはありませんか?

よく言えば服を買うことに慎重になったとも言えるんですが、『どの服を見てもピンとこない』ということが多くなったということでもあります。

だからこそ試着しましょう!

何を着ても様になっていた20代の時とは違い、30代からはそうはいきません。

よくあるのが『結局似たような服を買ってしまった。』というもの。

そういうデザインのものが好きなんですね。わたしもよくやります。

で、その『似たような服』って20代の時に来ていたデザインのものでしょうか?

それはとても危険です!

20代だから似合っていたんであって、30代が似合うとは限らない。

「なんだかいつも着ていたこの服似合わないな」

となってきたらそれは、

顔が変わっているサインです。

自分の顔でも20代と30代では違う

顔は変わります。年齢とともに。確実に。

どんなにきれいな人でも、どんなに高価な美容液を使っていてもエステに通っていても。

そう言われてもピンときませんよね。

毎日鏡で見てたら、顔の形の変化なんてわかりません。

具体的に言えば

  • たるみ
  • 小じわ
  • くすみ
  • 顔が痩せた
  • 輪郭がぼやけてきた
  • 目が少したれ目気味になってきた

芸能人でも、若いころは顔がふっくらしていたり、ちょっと顔がきつく見えたりしていた人の雰囲気が変わったなと思うことはありませんか?

メイクを変えたとかもあるかもしれませんが、それを除いても少しずつ顔がたるんでいる、顔が痩せている。

他にも、年齢よりも若く見える美魔女と呼ばれる人。

テレビで見ていると、確かに年齢を聞いてびっくりするくらいきれいなんですが…「この人は意外と年いってるな」とわかる人がいませんか?

その人はだいたい服が若作りです…どこか浮いてるんですよね。

若く見えることは若く見せることではないんです。

メイクでも年齢によって変えた方がいいとよく聞きます。

その中でもイタイのは『若いころと同じメイク』です。

30代なのに目回り真っ黒…それって20歳前半くらいに流行ってたメイクじゃないですか?

今はもう古臭く感じるだけです。

個人の好きなようにメイクすればいいんですが、人から見て似合っているかどうかは別の話。

ピッチピチでハリもあってちょっと尖っていた若い時の服が、年齢を重ねて少したるみはしたものの雰囲気も丸くなった自分と合うでしょうか?

体形だけが似合わなくなった原因ではない

20代と30代では体形が変わるというのももちろんあります。

ただ昨今流行っていた服を思い出してください。

  • ガウチョ
  • ワイドパンツ
  • ロングスカート
  • オーバーサイズのシャツ
  • ドロップショルダーのトップス

など、体形を隠してしまうようなものばかりではなかったでしょうか。20代も30代もみんなそういう服を着ていましたね。

若い子がそういう服を着ていたのを見て「若いんだからダボっとした服ばかり着なくてもいいのに…」なんて思っていました。

体形隠しなら30代以降の方が必要なアイテムです。

でもその時着ていた服も「なんか似合わない」になっていませんか?

体形カバーしているのにどうして似合わないんでしょう。

顔です。

それから『うしろ姿は20代なのに『前からみたらおばさんだった』

というような経験をしたことはありませんか?

わたしが一番驚いたのは「小学生がいるな」なんて思っていたらおばさんだったことです。

職場で目線を斜め下にして作業していた時、20時ごろだったので「この時間に小学生か…」なんて思っていて、顔を上げた瞬間ギョッとしました。

服装は子ども、首から上はおばさん…

小柄な人でした。服装はTシャツ(虹色のキラキラがついた柄とポップな英字)ミニスカ、黒のハイソックス、スニーカー。

パッと見、顔を見なかったら気づかなかないんですが、顔を見てあまりに不釣り合いだったんです。

体形だけが服が似合わない原因なら、全員体をしぼっていれば小学生向けの服でも似合うという事になりませんか?

服を買うときは試着をして鏡で顔と体を必ず見ること

「あ、これ可愛い!」と買った服がタンスの肥やしになるのはよくある話です。

  • 手持ちの服と合わない
  • 家で着てみたら似合わなかった
  • 着づらい
  • 洗濯に気をつかわなければならない

これがせっかく買った服を着なくなる主な原因ではないでしょうか。

特に試着をしなかったときに感じやすいことです。

試着をすることでタンスの肥やしになる確率がぐっと減ります。

そして試着をすることにもう一つ利点があります。

それは『鏡に顔も体も全身を映して、似合うかどうか判断できるところ』です。

試着はサイズ感を見るだけじゃなく、全体で見て似合っているかどうかが判断できます。

判断基準は『しっくりくるかこないか』でいいです。イマイチ…と思いながら買ったものはだいたい着ません。タンスの肥やしか部屋着になります。

流行っているからといっても、それが似合うかどうかはまた別の話。

今度試着する機会があればやってみて欲しいことがあります。

絶対に似合わないと思う服を試着してみてください。ミニスカでも。

そして試着室で全身鏡に映った自分の顔を隠してみてください

服を着た体だけみたらそこまで変ではないのに、顔を一緒に映したとたんに『なんかおかしい』になります。

まとめ:服を買うときは顔も計算にいれることと買うときの対策

前から持っている服が似合わなくなったのは、体形の変化だけじゃありません。

顔が変わったからです。

たるんだ顔や小じわ、くすみが服を似合わなくさせている一因です。

だからただ単に、似合わないから新しい服を買おう!という話ではありません。

手持ちの服が本当にダメなのかどうかは対策をしてもおかしかったときに決めてください。

対策としては、

  • 顔回りに明るい色やものを取り入れる
  • きれい目要素を取り入れる

がてっとり早いです。

顔回りに明るい色やものを取り入れると、レフ版効果で顔が明るく見えます。淡い色や暖色なんかいいですね。イヤリングやピアスのような光物も顔を華やかに見せてくれます。

きれい目要素としてはパンプス、ジャケットなどかっちりした印象があるもの。引き締めてみせてくれます。スニーカーの時でもイヤリングをつけるとTシャツ・デニムでももったり感が薄れます。

また首、手首、足首という華奢な部分が見えると、女性らしさがでるので裾を少し捲ってみてください。

【スポンサーリンク】