ねむたいおめめは時々ひらく

ぽやっとすごすには心のあんねいが必要ですね

違いは歴然!服の毛玉取りに『テスコム毛玉クリーナー』がオススメ!使い方・使用感を紹介します

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

f:id:nemutai-me:20190519132523p:plain

ニット、カーディガン、スウェットなど、よく着る服ってすぐに毛玉ができませんか?

着心地がよくてついついヘビーに着まわしていると、外出先でのふとした瞬間に「毛玉やばっ!」「これはかっこ悪い!」と恥ずかしくなります…

だからといって新しい服を買い続けるのももったいないし高いし。

そしてだらしなくも見えてしまう。

服の毛玉一つで印象が下がるなんて嫌ですよね。

それに…

毛玉さえなければまだ着れる

そこで『テスコム毛玉取りクリーナー』をオススメします!

初めて使ったときはその威力に感動しました!

あなたは毛玉のない新品のような服を着ますか?それとも毛玉まみれでもあきらめて着続けますか?

毛玉取りにオススメ!テスコム毛玉取りクリーナー

まずはその威力をご覧ください。

かなりきれいになってるでしょ?もう少しアップにすると、

全然違いますね!

これをやってのけるのが、テスコムの毛玉取りクリーナー(型番KD778)です。

電池式じゃありません。コンセントに差して使うタイプなので電池を替える手間もなくて便利です。

テスコム毛玉取りクリーナーVS安くてお手軽な毛玉取り方法

毛玉取りクリーナーは毛玉を刈り取ります。そのため、毛玉除去力はとても優れています。

その一方で手軽にできる方法の一つ、台所用スポンジでなでるという方法も試してみました。

なんか毛がもけ~っとなっただけで、毛玉が取れるというよりは、そのもけ~っとなった毛の方が気になって結局その服は捨ててしまいました。

その時にテスコムの毛玉取りクリーナーを持っていたら、そのもけ~っとした毛も取れて修復できたかもしれません。

なでるように毛玉を取る方法よりも、刈り取る方法の方が断然きれいに仕上がります。

毛玉がないだけで安いニットもきれいで長持ち

上の方にものせた画像なんですが、これは何年か前にユニクロのセールで1000円くらいで買ったニットです。部屋着として毎日のように着ています。とっても着心地がよくて。

左のbefore写真では毛玉まみれのだらしないニットという感じがしますが、右のafter写真では毛玉も目立たなくなってだらしない印象にはなりにくいですね。

毛玉まみれの高いニットよりも毛玉のない安いニットの方が清潔感があります。

流行りじゃない定番型のニットなどは着れる限りは着たいです。毛玉が理由で着なくなるのはもったいないですね。

使い方のポイント

必ず服をしわのないように伸ばしてから使いましょう!

これはちゃんと守らないと服が破れます。

刈り取る刃の部分にはカバーがついています。

グレーの部分を回せば高・中・低と刃と服の距離の設定ができます。

高は服から刃が遠く、低は刃が近くなります。低の方がより毛玉をきれいに刈り取りやすいです。

そしてさらに刃のカバーを外すこともできます。

外すとこんな感じ。↓

この状態で毛玉取りをするととてもよく取れるのですが…

かなり慎重にするか、平らな面しかやらないとかであれば破れる可能性は低くなります。

ですがふっと気を抜いた瞬間に『ガリリッ!』とやっちゃうんですね…何回か失敗しました。それ以降は必ずカバーをつけて低にして毛玉取りしています。

毛玉取りが終わったら、取った毛玉がたまるところがあるのでそれを外して取った毛玉を捨ててください。

注意!細かいところまでとろうとしない。

画像のような平らになっていないような部分は要注意です!

一つ残らず毛玉を取って、新品同様きれいにしたい!と思えるほどの威力を発揮してくれる毛玉クリーナーですが、細かいところや折り目などは特に破れやすいです。

細かいところ、折り目に使うときは必ずカバーをつけましょう。

気持ちが許すならあてない方が賢明です。

破れたら悲しくて悲しくてたまりません。

一家に一台『テスコム毛玉取りクリーナー』!

気を付けるべき点もありますが、それを含めても『テスコム毛玉取りクリーナー』は持っていて損をすることはありません。

ニット以外にも毛玉のできやすいくつ下、トレーナー、スウェットなどにももちろん使えます。

  • AC電源タイプなので電池交換がいらない
  • 威力は抜群
  • 刃のカバーは絶対つける
  • 毛玉を取ったあとは新品のよう
  • 毛玉さえなければ…と思う服を捨てなくてすむ
  • 洋服代の節約

服の毛玉に悩んだときに思いきって買ってよかったです。

【スポンサーリンク】