ねむたいおめめは時々ひらく

ぽやっとすごすには心のあんねいが必要ですね

時間の有効活用とは?隙間時間に本を読むのがオススメ

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

普段からもったいないなーと感じる時間はありませんか?

病院の待ち時間、人を待っている時間など。

そんなとき、あなたはどうしていますか?

周りを見渡してみてください。

8割~9割くらいの人はスマホを見ています。

何を見ているんでしょうか。

電車の中でスマホを見ている人の8割はゲーム、SNSです。

自分の時間だから好きに使えばいいんですが…もったいなくないですか?

日常の中に絶対に隙間時間はあります。

その隙間時間を自分の成長に使ってこそ『時間の有効活用』

時間の有効におすすめ第1位は…

本を読むことです!

みんながゲームやSNSに時間を使っている間に隣の人とは違うワンランク上の自分になりましょう!

f:id:nemutai-me:20190524170412p:plain

本を読むのがオススメな理由

賢くなれるから!

普段から勉強ってしていますか?

大人だから学校にも行かないし、ましてや30歳も過ぎた主婦になると勉強の仕方も忘れちゃってます。毎日家事に仕事にリラックスタイムで1日が終わりますね。

そんな感じで時代は流れていくんです…が、ちょっと待ってください!

2021年1月のセンター試験からマークシート方式に加え、記述式問題もあるとか。

2020年には小学校でプログラミング教育が必修化されるとか。

知っていましたか?

理由は自分で考える力をつけるためなんだとか。

つまりこれからの時代に求められているのは自分で考える力のある人です。

今売れているビジネス書や自己啓発本にはどれもこれからの時代を生き抜く力のことが書いてあります。これからの未来に関することも。

今それに気づいている人は日本に何割いるでしょうか?

教育の実態も変わっていっていることも知らず、一昔前の教育で思考が止まっていると時代に取り残されるばかりか、自分の生きたい生き方さえ難しくなります。

机に座って参考書開いて…とかしなくても、今売れていて比較的新しい、ベストセラーと書いてあるビジネス書を読んでみることをオススメします。ビジネス書といっても意外とそんなに堅苦しくないですよ。

知っているのと知らないのとでは大きな差が生まれます。

大人になって勉強から遠ざかっているからこそ、情報は自分で取りに行くんです!

本を読むのが苦手な人にオススメな読み方

とりあえずぺらっとめくってなんとなく読んでみてください。

本を読むのに「よしっ、読むぞ」という気合や、「読まないといけないのか…」というやらされてる感はいりません。

もっと言えばとりあえず本屋で立ち読みくらいでもいいです。続きが気になったら買いましょう。

そしておしゃれなカフェでコーヒーを飲みながら、賢そうな人を演じるのも素敵ですね。

とりあえずどの本を読んだらいいの?

『転職の思考法』がオススメです!

転職するしない関係なしにオススメします。ビジネス書ですが、物語形式だし字の大きさもそんなに詰まってないので読みやすいです。これからの自分について考えさせてくれるきっかけになります。

「こいつ転職考えてるのか?」と思われるのは困るという方は、本屋さんでカバーをかけてもらいましょう。言ったらしてくれます。最近よく行く本屋さんは買ったときに必ず聞いてくれます。本屋さんのレジにもらえるしおりもあったりするので店員さんに聞いてみましょう。

どうして隙間時間に本を読むのか

人の集中力は15分しか続かないから。

隙間時間と呼ぶのにぴったりな時間ですよね。

それ以上続くよ!という人でも30分、45分…と15分刻みの集中力の持続なんです。

なので15分しか続かない集中力なら、それを生かせる方法が本を読むこととなります。

それに、鞄にさえ入れておけば、外出先のどこでも「今暇だな」と思ったときすぐに取り出して読めますよね。

スマホで同じような記事を読むよりも、本の方がひとつのことに対して深く学べます。

ちょっとずつでも読み進めていって、時間をかけてでも読み終えたときに味わう達成感も嬉しいものです。

【スポンサーリンク】